大型スクリーンbut_s_lb.gif [ メイン ] but_s_rb.gif走る人

高架下駐車場

駅前交番の巡査の話

ええ、わりとノンビリしてるこの街でも、時々事件が起きる事はありますよ。先日も高架下の駐車場で車上荒らしが出ましてね、でもすぐに犯人を捕まえる事が出来てホッとしているところです。

secrep30.jpg

何故そんなに早くわかったかって?だってね、その犯人は慌てていたのか、駐車場に足跡をクッキリと残していたんです。しかもその後に汚れた靴を駅前の靴屋、ってのは実は私の友人がやってるんですが、そこで買い替えて、処分して欲しいとその店に置いてったんですよ。

で、何か態度がおかしかったと店主から話を聞いた私がそれを持って来させると、足跡とピッタリ一致、しかも何とその靴にはご丁寧にも住所氏名が書いてあって、訪ねていったらあっさり白状しました。ちなみに盗られたのはコロッケの入った包み一つ。やっぱりなんかノンビリしてますね、この辺は。

secrep31.jpg

え?足跡ですか?駐車場の入口に転がってた缶を蹴とばしたせいで、靴が濡れて付いたんですョ。缶の中に雨水でもたまってたんでしょう。はぁ?高架下だから雨は降らない? …なるほど確かに不思議ですね。鑑識の調べでは飲み残しのジュースでもなかったし。そういえばあの水、いつまで経っても乾かない。おかげで足跡を証拠に出来たんですが。

何か摩訶不思議な現象ですが、このあたり、水の神様が見守ってますからねぇ。ええ、どっか近くに町名の縁となった水神様があるみたいですよ、私はまだ見た事ないけど。

コメント

それでちゃんと缶と足跡まであると....恐れ入りました。
ってか、駐車場の車、初心者マークまで貼ってあるではないですか。車の中の買い物袋まで作り込んでいそうですね(^^;

犯罪現場まで作りますか!
・・・恐れ入りました(^^;;

摩訶不思議な現象(お話し)は好みでございます (^^♪
昨年のことですが…
北浦和の模型店のご主人がお客さんとの会話の途中、目の端に、私がお店のドアに向かって歩いて来るのが映ったそうでございます。
暫らくして、そのお客さんとの会話が終わり、お店の中を見廻しても私の姿がありませぬ、ちと不思議に思ったそうでございます…
丁度その時間、私は所要がありまして、葛飾区金町(柴又駅のお隣ですね)に居りました…
正真正銘 !! 実話でありまする !!

>ぼうずさん
足跡は、ちょいとした遊び心で作ったんですが、自分でも後で事件現場になるとは思ってもみませんでした(^^;) 写っている車は以前買ったBUSCH製のMB-A160で、以下のかたのスナップを参考に塗り込んだものです。
http://w2.avis.ne.jp/~yanagi/tag_01/my_car/a160/a160_s.html
ナンバープレートと初心者マークは例によって自作印刷シールです。

>どんぶりさん
かの、西村京太郎氏の記念館にあるレイアウトには、殺人現場が作り込んであるらしいですね。「十津川警部!」と叫ぶ亀井刑事の声が聞こえて来そうです。

>甚六郎さん
おぉ、こわ!?
甚六郎さん、おそらく金町にいる時に、模型の事を強く心に念じていたのではありませぬか?未購入の稀少品が店にあって、俺が行くまで「売れるなー、売れるなー」とか。

見事なまでに仕込んでありますねw午後ドラなんかに出てきそうな感じが。それにしても、物語を読んでいると、不思議なことばかりですねぇ。ま、それがセクションの面白いとこなんですがね。

希少品ではなかったのですが、金町での用事が長引き、「今日は受け取りに行けないなぁ~」と確かに一瞬思ったんですよ、実は (f^^;

不思議な話ですね。やはりこのエリアは異次元空間に浮かんでいるのでしょうかね。ホームの裏にある潜水艦のような装置に秘密があるのでしょうか。

ノンビリした街でのノンビリした事件ですね。
犯人はきっと几帳面なんでしょうね。
靴に住所氏名を書いているんだから・・・。
今回の模型もリアルな仕上がり方ですね。
あの缶は1、2mmくらいでしょうか。
とっても小さいのにちゃんとラインが。
恐れいります。

>悟空特快さん

午後ドラの世界ですネ。最近はやりのドロドロのやつかな(^^;)
サイドストーリー、も少し続きますのでよろしくお付き合いの程を。

>musashimarumaruさん

あの装置、この時空を動かしている原子炉か何かなのかも知れません。
お隣には緊急脱出装置のやぐらも立ってるし。

>南風さん

缶は細いプラ棒を適当にカットして作ったものです。本来の使い道は以下写真のようにゴミ箱内だったのですが、余ったので転がしました。
http://hkuma.net/sect/secrep32.jpg

ゴミ箱ですか!!恐れ入りました。
ところで、このひっくり返った缶、潰れているようにも見えるのですが。犯人は蹴飛ばしただけじゃなくて、つんのめってつぶしたのではないでしょうか?
几帳面というか、そそっかしいというか⋯⋯。

この缶もあのアルミ箔工法?と一瞬思ってしまったのですが、プラ棒なんですね。ごみ箱の中にちゃんと缶があったとは驚きです。
あの足跡の大きさは1~2mmなのですね。どうやって描くのでしょうか?
緊急脱出装置もあったのですね。何かSF的なストーリーができそうですね。

>とりのさんぽさん

コメントどうもです。おそらく戦利品のコロッケに心を奪われ、足元がおぼつかなかったのでしょう。缶は確かに潰れてるようですね、って今気が付いた私… カットの時に切り口が潰れたようです。

>musashimarumaruさん

さすがにこの細さだと、アルミ箔工法には無理がありそうです。というか、中抜きにしてみても、肉眼で見えない(^^;) 足跡は、面相筆の先っぽで塗料を置いていっただけのシロモノです。

Next : 走る人 »