2018年4月21日

切り文字に手こずる

建物を一通り作り終えて、工程的には最終カーブを回ってゴール目前まで来ている筈なのだが、色々とあちらこちらの細かいものに目が行ってしまい、無駄な工作に時間を費やす週末を繰り返している。

Img_3449.jpgというわけで(笑)アーケード入口の看板を手直しする。現状は紙に印刷したそのものを貼っただけなので、平板でかなりオモチャっぽいし、あまり貫録がない。なので、こういった場所で良く見かける切り文字にしようと考える。

しかし、何せ僅か数mm程の文字高だからキッチリ仕上げるのに自作は無理で、エッチングか何かで特注品を頼むしかないか...。いや、これだけの為に投資するのも勿体ないので、多少出来が悪くとも目こぼしするとして自分の手を動かす事に。

工法は特にヒネリもなくオーソドックスそのもの。文字通り、厚手の紙に印刷した文字を忍耐強くカッターで切り抜いて行く。あーぁ、「青砥ヶ谷銀座」なんて切り抜きにくい文字の並びにしなきゃヨカッタ... と若干の後悔。外形のうち、特に凹の部分がカッターの刃が奥まで届かず、切りにくいのだ。おおざっぱに切り取り、細かいところは省略せざるを得ないが、まぁ雰囲気重視で。

Img_3448.jpg

続きを読む "切り文字に手こずる"

2018年4月 1日

横丁活性化作戦

Img_3411.jpg横丁をもう少し賑やかしたいと思い、万国旗を張る事にした。製法としては、プリンターで紙に両面印刷した旗を写真の様に櫛歯状にカットし、グレー塗装したΦ0.2の極細真鍮線に瞬間接着剤で固定したのち切り離すという手順だ。切り離す前に、旗をピンセットで注意深く摘み、多少はためかせておくと実感的になる。ちなみに原稿はこちらから拝借。

続きを読む "横丁活性化作戦"

2018年3月25日

カラーコーン

路地の隅っこにカラーコーンを置きたいと思って自作した。材料としてはプラ丸棒をカッターで円錐形に削ったものと、底面に貼り付けた四角いプラ板だ。塗装した後で、ポンチで抜いた黒い紙をコーンウェイト(ゴム製の重り)に見立てて嵌め込んである。見る角度によっては少し円錐が歪んでいたりするのだが、まぁ遠目には分からないので許容範囲である。

Dscn4412.jpg

20個も入ったカチッとした製品が売っているので実は通販手配しようとしたのだが、非常にコスパが良くて送料の方が倍以上になってしまうので、単独で頼むのは馬鹿らしくなってやめたのだ。とりあえず一つあれば事足りるので、買っても無駄に残ってしまうと考えたのも一つの理由であった。

ちなみに「カラーコーン」という呼び方は良く使われるが登録商標になっていて、汎用の名称としては「ロードコーン」というらしい。ホッチキスとステープラーの関係の様なものか?

2018年3月21日

駐輪場完成

Dscn4388.jpg

自転車を配置する先は、もちろん駐輪場である。スペースはここに...、というか、あらかた建物で埋めてしまったので、ここしか残っていなかったというのが実際のところだが。踏切脇の小さな空地、大した広さでは無いが都市部にあっては貴重な空間。もちろんここだけで駅利用者全体を賄えるわけもなく、第1、第2、第3と、こういった小さな駐輪場が周辺に散らばっているというのが住宅密集地の常であろう。

続きを読む "駐輪場完成"

2018年3月18日

自転車

モジュールに配置すべくKobaru製の自転車を組み立てているが、その細かさには閉口だ。基本はエッチング板を折り曲げて行けば作れるのだが、一部ペダルやスタンド、荷台、籠などは別パーツを接着する必要がある。そのケシ粒みたいな小ささと言ったら、ヘッドルーペを使っていてもちょっとピンセットで掴むのに難儀する程だ。下手に落としたりしようものなら、もう見つけ出すのは困難になる。

Img_3382.jpg写真は先行試作で3台ほど作ってみたところ。比較で置いた左下の赤い自転車は水神森のセクションで使った PRO-HOBBY製、右下の緑のはTOMIX製で、こちらはタイヤを真鍮線に入れ替える改造をして東葛貨物線で使った。年を経るごとに細密な製品が出て来て、ついに今回のは(本数は省略されてるが)スポークまで表現されている。ちなみに中央の四角いパーツは、おまけで付いてるサイクルラックだ。

続きを読む "自転車"

Archives