2015年5月21日

線路プラン

というわけで、戸棚の間口からするとモジュールの長さは最大で約540mmほど、18m級の車両だと4両編成が収まる長さのホームを設置する事が出来る。奥行は300mm位までとれそうなので、そこそこな駅裏の街並みは作れるのではないかと思われる。ちなみにここで言っているモジュールとは、いわゆる集合規格物のモジュールレイアウトではない。組み立て式線路の中に配置してその一部として楽しむ、独自のストラクチャ付きレイアウトブロックである。

plan01.gif

運転時、モジュール両サイドには島式ホームへの接続用に複線駅構内線路セット(KATO-V15:線路長310mm)を使う。加えてTOMIX線路との変換用にジョイント線路62mmを継ぎ足すので、駅部の全長は1,284mm。なので、線路をエンドレスにした場合は逆サイドに164mmの調整用直線レールが必要。あと、KATOの複線間隔33mmをTOMIXの37mmに合わせ込む為に、複線の外内で4mm差のある線路も必要だが、これらはモジュール本体の目途がついてから作るか?

なんて事を考えているうち、いっその事この機会に全部カトーの線路に一新してしまおうか、なんて誘惑も頭をもたげて来るのであった。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする