2015年6月28日

事前試運転

本格的に工作を開始する前に、組立式線路に繋いだ状態で試運転を行なってみる。実際に線路を敷いてみると、タンスを置いた6畳間では、直線を最小限にしてもレイアウト的にギリギリになってしまうという事が分かる。駅逆サイドの調整用直線レール164mmは140mmの既製品で代用したが、これでも何とか大丈夫そうである。

Dscn1336.jpg

駅ホームも計算通りで、やはりぴったりの長さ。この後にホーム端部を短く加工して取り付ける予定だが、その分が多少の有効長余裕となる。試運転に協力願ったのは本線向けに制作した 4両編成の電車たち、ようやく活躍の場が完成に向けて動き出すのか?

Dscn1338.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする