2016年1月10日

駅舎屋根の加工

Img_1379.jpg橋上駅舎の屋根を一部切り取る必要があるので、下穴用のマーキング。連続して端から同じ位置に穴を開ける為に、プラ板で簡易治具を作ってガイドにした。この後は階段を切り取ったのと同じ工法、ドリル穴をカットソーで繋げて切り抜くのだ。

Img_1384.jpgで、途中の写真無しで一気に結果だが(笑)、仕上げ前はこんなガタガタな状態である。この後、縁をヤスリで平らに仕上げるが、到底キッチリには出来ないから枠を嵌めて誤魔化す事にしよう。

Img_1385.jpg続いて、穴に嵌める枠をL型断面のプラ棒から切り出す。屋根の梁の部分を避けなくてはならないので、結構複雑な構造だ。

Img_1387.jpg屋根に仮嵌めしてみて問題なければ、接着剤を流し込んで固定を行なう。

嵌め込んだ状態で屋根裏から見るとこんな具合。屋根は後で独自色に塗り替えるつもりなので、その時にこのフレームも一緒に同系色で塗装しようか。

Img_1389.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする