2016年10月 2日

駅舎事務室

駅舎事務室の作り込みを行なった。屋根を乗せてしまえばほぼ見えない部分なので、もう、全くの自己満足である。素のままだと窓口の部分がオープンになっているので、GMのキットから適当に切り出して持って来たサッシを、サイズ調整の上でうまく嵌め込んである。

Dscn2625.jpg

Dscn1217.jpg左の画像は、購入時の姿を記録しておいた写真から、同じエリアを切り出したもの。

で、それと同時に事務室や機械室の上部に天井を設け、中が覗けないようにしてしまった。変に見えているとさらに内部の工作をしたくなるので、封印をした次第である。しかしながら、その屋根裏にラダーを設けたりしてさらに手数を増やしてしまうという、本末転倒の結果となっているのも事実(笑)

Dscn2626.jpg

駅舎でもう一つ、北側の出口に、ごく短い通路を繋げてある。ここはただの開口状態であったが、敷地境界ギリギリまでは作っておこうとの(変にこだわった)制作方針によるものである。

Dscn2632.jpg

てなわけで駅舎はいい加減この位にして(もう一周くらいして来そうだが)、次は駅ビルの方の装飾に進みたいと思う。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする