2017年8月14日

ペーパークラフト(2)

工作手順として、まずは各パーツを台紙から切り離すのだが、細く数か所だけ繋がっているので、そこをカッターで切断してやるだけで良い。切り離し部は、組み立てた後で目立たない位置に来るようちゃんと設計されているので、特に仕上げ作業も不要なラクチンさ。Img_2788.jpg色も、紙の地色のままで充分通用すると思うが、私の場合は表裏に塗料をコーティングする様な感じでエアブラシを軽く吹いた。ペーパー同士の貼り合わせは本来ならば水糊で行なうと書いてあるが、アクリル塗料のコーティング層が出来たので、位置合わせをした後で間にラッカーシンナーをごく少量流し込むという、プラ板と同等の工作法が使えた。

Img_2797.jpg唯一、少々手を入れる必要があると感じたのは屋根で、キットに付属しているのは印刷された屋根瓦なので、さすがにこれはそのままではちょっといただけない。別途、屋根瓦模様に成型されたプラ板を型紙と同寸法に切り出し、4面を接着してその境界にはプラ丸棒を乗せて熨斗瓦とした。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする