2017年10月 8日

横丁の建物:雑居ビル(3)

Dscn3881.jpg雑居ビルが完成。フロア構成としては、1階が中華そば、2階は日本蕎麦と、麺コンボの店揃え。1階はテナントで、ビルオーナーは2階の蓄麦店主、3階はその住居という設定である。

店子の中華そば屋はいわゆる街のラーメン屋で、伝統の醤油味な下町の東京ラーメンといった仔まい。昨今流行りの洒落た付け麺等の類は供していないであろう。

路地を回り込むと、建物の右手に2階の蕎麦屋へと登る階段があり、その店の奥には住居用の玄関が並んでいる。住居玄関を入ると、おそらく中に3階の住居へと通じる階段があるのだろう。このビルにはベランダが無いので住居の屋上は物干し場となっている。

Dscn3914.jpg

物干し台は、こばる「ベランダの小物」セットから。物干し竿は、Φ0.3洋白線の両端にパテ盛りだ。後はちょっとしたボタニカルガーデン状態になっているが、これはオーナーの個人的趣向から成るものだろうか。昨今流行りの屋上緑化とも言えるかも知れない。

Dscn3942.jpg

こちら側の側面には窓が皆無だったが、住居部分くらいには有っても良かろうと、出窓を設けた。カーテンで中を隠しておけば、壁に穴を開けずに貼り付けるだけで済むので実にお手軽である。

Dscn3935.jpg

この敷地は元々、然程大きな構造物を作る予定ではなかったのだが、お隣に建つピンクの洋食屋が結構特徴的で周囲から浮く感じになってしまったので、ビルで挟んで目立たなくするという重要な任を負っている。こうして眺めてみると、効果のほどは... あったと思いたい(笑)

Dscn3924.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする