2017年11月23日

横丁の建物:住居兼店舗(2)

工作のモチベーションは下がっていないが、仕事が立て込んでいたり、ちょっとした旅行に行ったりで、なかなか模型とじっくり向き合う時間のとれない今日この頃。そんな中、建物の方は無事完成している。

凸型の看板建築も、うまい事仕上がってそこそこの完成度となった。塗装は灰緑色で、これは陸軍機に使われる色のようだが、建物に塗るとなかなか渋い感じになる。店舗は海鮮居酒屋、縦長の銘柄看板(と言うそうだ)は実感度アップに効果大。店名がアレ(笑)だがフランチャイズでなく個人店の想定、頑固者の大将の姿が目に浮かんで来るようだ。

Dscn4038.jpg

左側面はこんな感じ。当然、ベランダも物干し竿もカットされる宿命を持つ。ベランダ(というより昭和な物干し台か?)の骨格は0.75角のプラ棒だが、こばる製の面格子を手摺に転用して付けたら丁度良いサイズだった。

Dscn4040.jpg

背面の玄関側である。玄関の三和土の部分に断層が走ってしまったのでこうなった(笑)壁の向こうから2階へ上がる階段の一部が頭上にせり出している。ま、本来住居兼用とするには小さ過ぎる物件で、間取りを考え出すと色々無理があるのだが、そこはそれ、模型という事で...

Dscn4039.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする