2018年1月28日

バスコレ改造

一昨年のうちに購入してあったバスコレ3台、左から三菱ふそうエアロスター、いすゞキュービック、日産ディーゼルRNだが、今回のモジュールで使うのは駅前広場の回にもさりげなく登場している右端の日東交通車だ。何せここのロータリーは限りなく小さいので、ミニバスクラスでないと出入りが出来ない。

Dscn4209.jpg

なのでこの1台を手配したのだが、下町の駅前に似合う京成仕様がなかったので、これをベースに改造する事にする。左2台はその為のお手本として導入したものだ。京成でこの車種は市の循環バス用としてはあった様だが、京成塗装車は存在しないので言わばウソバスという事になるが、まぁいいだろう。

Img_3254.jpg

まずは塗装を落とす為に、全パーツを一旦バラす。ボディとシャーシはサイドのフックを外せば容易に分解出来、座席や窓ガラスも自然に落ちて来るが、前面のガラスだけは細いフックでキッチリと組まれていてなかなか取れない。注意深く作業したものの、やはり片側のフックを折ってしまった。表面には影響しないので何とか助かったが、再組み立て時には接着で処理する事になりそうだ。(以下、次週へ続く)

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする