2018年3月25日

カラーコーン

路地の隅っこにカラーコーンを置きたいと思って自作した。材料としてはプラ丸棒をカッターで円錐形に削ったものと、底面に貼り付けた四角いプラ板だ。塗装した後で、ポンチで抜いた黒い紙をコーンウェイト(ゴム製の重り)に見立てて嵌め込んである。見る角度によっては少し円錐が歪んでいたりするのだが、まぁ遠目には分からないので許容範囲である。

Dscn4412.jpg

20個も入ったカチッとした製品が売っているので実は通販手配しようとしたのだが、非常にコスパが良くて送料の方が倍以上になってしまうので、単独で頼むのは馬鹿らしくなってやめたのだ。とりあえず一つあれば事足りるので、買っても無駄に残ってしまうと考えたのも一つの理由であった。

ちなみに「カラーコーン」という呼び方は良く使われるが登録商標になっていて、汎用の名称としては「ロードコーン」というらしい。ホッチキスとステープラーの関係の様なものか?

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする