2018年6月10日

アンテナ

Img_3587.jpg植え物系で後に回していた家々のアンテナを設置する。パーツそのものは例によってこばる製キットだが、取り付け方はとりあえずノーマルな屋根馬(ケース外の2基が作例)は付属しているものの、それ以外は各自で工夫をする必要がある。

組立はパーツをカットして折り曲げ、要所を接着するだけだが、しかしこれ、試作の意味合いも兼ねて一部先行して作った際にも書いたが、極小さの限界点を超えている(笑)もちろんヘッドルーペは必須、それでもなお、まるで蚊か何かをピンセットで手術しているかの様な感覚である。下写真はプライマー処理した後、シルバーで塗装した状態。素材がステンレスなので無塗装でも良いが、やはりそのままだと鏡面的で実感に欠けるのだ。

Img_3590.jpg

取り付け完了後はこんな風景となる。一部はホルダーを自作して固定したが、各戸のアンテナの向きを揃えるのと垂直を出すのが若干やっかいであった。

Dscn4936.jpg

さて、こうなると迂闊に手を伸ばせないので、基本的にモジュール内の作業は終了。但し、もしも周辺の工作が必要となった場合は、建物を一旦取り外して退避させる事となる。それを見越して全てのストラクチャ類は、何らかの手法で地面から着脱可能な構造にしてあるのだ。

というわけで、長らくかかったが、あと数回で制作編としては終わりとしたい。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする