2005年1月15日

阿房列車

 昨年夏頃から読み始め、最初は ちくま文庫 の集成を買ったんだけど、すっかりハマってしまい、新潮文庫の「第一阿房列車」から「第三...」まで買い揃えるはめに。先生とお供の山系君のかけあいが何とも味わい深く、粋である。今も三巻をとっかえひっかえ、寝る前の枕元に。気に入って同じ本を何度も繰り返し読むというのも、初めての経験だ。