2005年7月23日

青梅と青海

青梅と青海って結構まちがえるヒト多いみたいですね。
木へんとさんずいの違いですが、一方は東京の西の果て「おうめ」、もう一方は東京湾岸の「あおみ」で、その間60~70km位あります。

http://btutr.blog5.fc2.com/blog-entry-149.html

青梅に住んでると、青海って同じ都内でも遥か都会の盛り場で全然違うんですけどね。
新潟にも「青海」(おうみ)駅があるので、行ってしまわないように注意して下さい。


2005年7月21日

谷津遊園証言集

谷津遊園証言集に、ハムライスさんの証言 を追加しました。
思えば、「ハムライス」というメニューも懐かしいですね。
あと、海ほおずき。なかなかうまく鳴らせなかったけど、口にふくむと磯の香りがしました。


2005年7月18日

記憶の中の「回送」録

別館にYUMENOさんの「記憶の中の「回送」録」を掲載しました。
懐かしい鉄道の思い出について、これから何篇か連載形式で語って頂けるかと思いますのでお楽しみに。
初回は西武の多摩湖線です。

http://hkuma.com/railfan/yumeno01.html

371-03.jpg
(YUMENOさん撮影)


2005年7月16日

「トロッコ鉄道展」のご案内

けいてつ協会の岡本さんから以下お知らせを頂きましたので、転載致します。
東村山市の広報(pdf)にもこの企画の詳細が掲載されてますが、なかなか楽しげな催しのようです。
ちなみに写真は「東村山軽便軌條」。私のページでレポートしている東京市軽便鉄道にあたるのかと思いますが、こんな名称があったんですね。


【けいてつ協会&せんろ商會プロデュース「トロッコ鉄道展」】

東京都の「東村山ふるさと歴史館」では、夏の企画展としてけいてつ協会&せんろ商會プロデュースによる「トロッコ鉄道展」を開催いたします。鉄道保存ボランティア団体の「けいてつ協会」による、各地の軽便鉄道・トロッコ鉄道の保存活動の紹介から、会員のフルスクラッチによるGゲージのトロッコ鉄道模型展示。世界各地のトロッコ画像など展示されます。また、各種の鉄道イベント・書籍編集の事業をおこなっている「せんろ商會」からは、実物の販売用の「トロッコ」の展示や、各種の出版物などを御案内いたします。
また、けいてつ協会本局・せんろ商會代表の岡本憲之氏による特別展講演会「トロッコ鉄道の保存活動」が8月7日(日)午後2時~4時に開催されます。

●開催場所
東村山ふるさと歴史館

●開催期間
7月24日(日)~9月4日(日)
開館時間は9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
休館日は毎週月曜日

●交通案内
西武鉄道 新宿線・国分寺線「東村山駅」西口下車 徒歩8分
※車でのご来館はなるべくご遠慮ください(当館の駐車場は3台のみ)

●入館料
無料

●お問合せ・開催場所
〒189-0021
東京都東村山市諏訪町1-6-3
TEL:042-396-3800

続きを読む "「トロッコ鉄道展」のご案内"


2005年7月13日

Movable Type 3.17

ようやくアップしました。
ひょっとして 3.171が出るかな... と思って少し待ってましたが、
既に本家サイトでは 3.2のアナウンスが。

事前の対策として、MT-Blacklistでプラグインエラーが発生するという話だったので
Blacklist.plの20行目「use lib 'plugins/Blacklist/lib';」を絶対パスに書き改め。
ちなみに絶対パスは mt-check.cgiを一時復活させればわかりますね。

さて本作業の方は事前バックアップの後、
 1.差分モジュールをダウンロードし解凍
 2.searchテンプレートを(保存の為)リネーム
 3.サーバーへftp転送
 4.mt-upgrade31.cgiを実行
 5.mt-upgradeXX.cgiを削除
の手順で何事もなく完了。

mtimg


2005年7月 9日

思い出の海軍道路

seya02s.jpg

aiharaさんより海軍道路の写真を送って頂きましたので、文章と共に掲載致しました。
http://hkuma.com/railfan/seya.html

私の方のレポートでは未調査のままでしたね。今度行ってみたいと思います。
http://hkuma.com/rail/sagaot.html


2005年7月 8日

鉄路に咲く物語

光文社文庫より「鉄路に咲く物語」という新刊が出ています。

------------------------------------------------
鉄路に咲く物語
西村 京太郎 (選)
光文社文庫 (2005/06)
¥560(税込)
ISBN : 4334738974
------------------------------------------------

「鉄道小説アンソロジー」という事で、著名な作家の小説より、鉄道が舞台となっているものを集めた本です。
志賀直哉、芥川龍之介、浅田次郎、E・ヘミングウェイ等など、もちろん京太郎氏のも一編収まっています。
お奨めかも知れません。(実は、買ったもののまだ読んでませんで... ^^;)

書評は こちら がとても参考になります。


2005年7月 3日

甲武鉄道えき巡り

甲武鉄道の飯田町駅、及び万世橋駅跡を記事にしてみました。

甲武鉄道えき巡り
http://hkuma.com/rail/koubu.html

koubu00s.jpg

一部写真に、Pinkyさん岩腹重鉄さんのご協力を頂いております。
また、t-katamiさん所蔵の古絵葉書の画像も利用させて頂きました。

どうもありがとうございました。