2009年7月30日

太平洋セメント埼玉工場専用線(番外編)

太平洋セメント埼玉工場専用線の番外編を追加しました。鉄道ではありませんが、これも石灰石を運ぶ一つのルートです。この施設が完成したので専用線の方が廃線になったと言えるのかも知れません。

>> 太平洋セメント埼玉工場専用線(番外編) <<

武甲山~埼玉工場まで総距離23.4kmの長大なベルトコンベアは、青函トンネルの海底部とほぼ同じ長さです。メンテに費用がかかり過ぎて使用していないとの噂もあったのですが、公式サイトにも掲載されているし、ブログで見学記を書かれてる方もいらっしゃるので稼動しているようですね。


2009年7月25日

太平洋セメント埼玉工場専用線(後半)

太平洋セメント埼玉工場専用線の後半を追加しました。
後半と銘打ってますが、番外編をあと一回掲載する予定です。

>> 太平洋セメント埼玉工場専用線(後半) <<

写真は沿線にある中東京変電所、東電の資材センターも併設されている大規模な施設です。95年の探訪記でも書いてますがこの施設周辺は送電線が集中し、さながら送電鉄塔の見本市会場の様相を呈しています。

20090725.jpg


2009年7月18日

太平洋セメント埼玉工場専用線

20090718.jpg先日予告の太平洋セメント埼玉工場専用線を公開します。前後2回に分けてお送りする予定で、今回はその前半として高麗川駅から工場までの間です。

>> 太平洋セメント埼玉工場専用線 <<

この時期は熱射避けで曇りの日を狙って走ってるので写真はあまりパッとしませんが、線路沿いの緑が綺麗で印象的でした。引込線の路盤は意外としっかりしているものの、ご覧のようにレールは踏切部分でカットされてます。バックは八高線のキハ110系、車体裾のグリーンが周辺の草木の色とマッチしてますね。

前回お知らせしてからしばらく間があきましたが、実はその間に手元のデータ用HDがダウンして少しバタバタしてました。アクセスは出来るもののコントローラが故障なのか、ファイルの読み出しに異常な時間がかかります。かろうじて動いてはいたので、24h程かけて全データを予備の方へ吸い上げ運用離脱となりました。一応バックアップはとっていたけれど、今回の写真含む最新部分が抜けていたので少々アセった次第。が、後で考えたらカメラの中にまだ原版が残っていたのでした。


2009年7月17日

踏切、鉄橋、ガード下

20090717.jpg最近あまり本屋を覗かないもんだから、あやうく買いそびれるところでした、「東京人」。今月の特集「踏切、鉄橋、ガード下」ってのはまた買わせようと思ってー、なタイトルだな。表紙が、日もだいぶ西に傾いて来た頃合いの京成荒川鉄橋かな?これは。

もう一冊は旅の友にでもと考えて購入。たぶん、ちゃんと読んだ事なかったと思うので。


2009年7月12日

太平洋セメント専用線跡

もう先々週の事になりますが、高麗川の太平洋セメント(旧 日本セメント)専用線跡を覗いて来ました。やっちんさん とこの掲示板でも話題になってましたが、日高市に譲渡されて遊歩道として整備されるそうです。廃止後に訪問したのは今回が初めてですので、後ほど写真をまとめて記事にしたいと思います。

komagawa01.jpg