2012年9月28日 18:27

津軽へ(2)

「津軽へ」、第2回は弘南鉄道編。代々譲渡車を中心に運用されている弘南鉄道、現在は日本初のオールステンレス車である元東急の7000系が多数活躍しています。田園風景の中をのんびりと走る弘南線、弘前の市街地から大鰐の温泉町へと向かう大鰐線、今回どちらも全線完乗しました。写真は弘南線の終点、黒石駅に並ぶ7000系です。

Dscn6483.jpg

Dscn6715.jpg今回、現地での移動には「津軽フリーパス」を使用しました。フリーエリアは奥羽本線の碇ヶ関~青森、五能線の川部~五所川原、弘南鉄道全線、津軽鉄道の津軽五所川原~金木まで、他に付近の弘南バスも使えて便利。窓口で買うと、電車・バス時刻表の付いたガイドブックが貰えて観光の参考になります。

関連リンク:
http://jaydash.cocolog-nifty.com/blog/2012/08/post-5526.html
http://mino-tokai.cocolog-nifty.com/tetudouderyokou/2012/09/post-10.html

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメント(2)

H.kuma様。こんばんは。

CSテレ朝チャンネルで深夜の放送ではありますが「拝啓!!鉄道人」で最近の放送分にみちのく特集の1回目で大鰐線が紹介されていました。番組の中でもグルメの紹介もありますが、そこに「つゆ焼きそば」と云う奇妙?な珍料理を司会の南田裕介さんが食べていましたね。また、大鰐線の接近メロディーが京急の接近メロディーと同じ事には気づきましたか?(音のピッチに差はありますが) いろいろと落ち着いたら、つゆ焼きそば食べたさもそうですが、弘南鉄道各線と合わせて弘南鉄道で短命に終わった黒石線跡にも出かけたい気持ちはありますね。一部には線路跡やホーム跡も残っているようです。

ちーたまさん、こんばんは。
大鰐線は中央弘前から大鰐まで乗り通してしまったので、ホームで接近メロディを聞く機会がありませんでした。京急はあまり身近でないので、もし聞いたとしても同じメロディだとは気付けなかったと思います。「つゆ焼きそば」はソース味のラーメンみたいな感じでしょうか、一度味わってみたいですね。

コメントする