2016年10月 9日 13:04

スマホ修理

Img_2013.jpgさて、お役御免となった iPhone5の方だが、交換用バッテリーが補修パーツとして手に入る様なので自分で交換してみる事にした。キャリアは解約するが、うまくいったら、Wi-Fi専用として家使いの端末に出来ると考えた。

購入費用は2,000円位だから、Apple社の製品全とっかえに比べて圧倒的に安いという程では無いが、まぁ自分で中を開けてやってみたいという、作業に対する好奇心もあってトライしてみる事にしたのだ。

交換手順は色々なサイトで紹介されているので、それを見ながら行なう事で難なく出来た。ただ、表示側パネルの結線を外す形で解説されている所が殆どだったが、注意すれば繋いだままでも出来るので、簡略手順でその様にした。従って、外したビスは外装の2本と、バッテリーコネクタのホルダ固定用の2本だけで済んだ。

Img_2012.jpg

一番大変だったのは、バッテリーがケースに両面テープでベッタリ固定されているのを剥がす作業。力を入れ過ぎるとパーツを変形させてしまうので、時間をかけて徐々に剥がして行く必要があるのだ。そこさえクリアすれば後は特に難しい所はなく、無事復旧させる事が出来た。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする