2016年10月17日 22:50

寛永寺坂駅舎

倉庫会社に貸し出されて使われていた京成の寛永寺坂駅舎が解体されたとの事で、先日、日暮里あたりへ行く用事があったので、ついでにちょっと覗いて来た。ご覧の様な状況で、周りはフェンスで囲われてすっかり更地になっていた。国旗掲揚台と地下ホームへの階段部が残されているのが救いだが、これらは今後どうなるのだろう。
Img_2036.jpg

階段入口部の正面にまわってみるとこんな状態になっている。シャッターを開ければ地下へと降りて行く階段の筈だ。ここだけ保存するようにも見えるが、おそらくこの構築物は地下トンネルへ雨水が流入するのを防ぐ目的で作った覆いだろう。
Img_2037.jpg

その裏手はこうなっている。右手敷地内から降りて来て道路の下を通っている地下の階段通路上部が収まり切らず、少し地面が盛り上がっているのだ。
Img_2034.jpg

以下は 2012年の上野地下線の取材の際に撮ったものだが、道路の盛り上がっている状況が良く分かる。三角の軒下の地下に階段がある。この時はまだ倉庫会社が使用していたが、昨年末に立ち退いて京成電鉄に返却され、その後には毎日新聞が取材に入って内部の写真を公開したりもしている。
Dscn4861.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメント(4)


先日上野公園までBike転がしてきて、帰りに寄ってみました。
跡地は7/11になってましたね。
国旗掲揚台はそのまんまです。
階段部が遺されているのは、保守出入口と解釈してます。

和寒さんのコメントへの返信

和寒さん、こんにちは。
おー、あそこの跡地はセブンイレブンになったんですネ。
土地は京成所有のままで、やはり階段部は保守用でしょうね。

国旗掲揚台、ストリートビューで見る限りは、元の場所から移動させた様です。
さすがに車の出入りに邪魔だし、ぶつかって破損されないよう配慮しての事でしょうね。


おお、国旗掲揚台が場所変えてたとは、現地では気づきませんでした。
保存の意志が明確にあるということですね。

和寒さんのコメントへの返信

ですね。

そう言えばストリートビューで過去にさかのぼるワザがあるんだった。
もっと古いのもありますが、これは2015年桜の季節。
https://goo.gl/maps/n1qqNDR4Xwm

コメントする