2017年4月15日 11:16

遠鉄、静鉄、石松電車(2)

静岡旅のその2です。今回は西鹿島から天竜浜名湖鉄道に乗って東へと向かいますが、途中下車して束の間の廃線散歩を楽しみました。雨だったけど...

>> 遠鉄、静鉄、石松電(2) <<

途中下車したのは寂しいホームの戸綿駅。ここで当時の国鉄二俣線と石松電車こと静岡鉄道秋葉線が交差していたのです。

Dscn3079.jpg

関連リンク:

http://mameusagi.blog.so-net.ne.jp/2015-08-14

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメント(2)

Kashiwakuma様
初めまして(?)、マメウサギと申します。
時々ですが、貴ブログを拝見させて戴いており、読みやすい文章を書かれるなあと敬服しております。
私事ですが、静岡に10年以上転勤で行ってまして、6年ほど前に横浜に戻ってきました。
戸綿駅には何故かその構造?からか、惹かれるものがあり、無理やり車を止めて1枚だけですが撮った覚えがあります。(添付のURL)
新静岡の新しいビルも東急ハンズの内覧会にも呼ばれていたのに、その前月に横浜転勤という、タイミングでした。
駿遠線の跡の藤枝に住んでいましたが、秋葉線跡まではなかなか見に行けず
戸綿のそばに跡があったとは...興味深く拝見させていただきました。
今後も楽しみにしております。ではでは

マメウサギさん、コメントありがとうございました。
お返事が遅れてしまいすみません。

戸綿駅をヒントにした作品、素晴らしいです。
実物かと思いましたが、あれ、CGなんですね!
私はそっち方面の技術が全く無いので、心底尊敬してしまいます。

静岡時代は駿遠線跡が身近だったとか。
私もいつか自転車で全線を辿ってみたいと思っております。

コメントする