2018年2月11日 16:17

京成バスのある風景

日曜朝のロータリーは、いつも足早に行き来する通勤客の姿もなく、都会にしては至って長閑な空気が流れている。そんな駅前で発車を待つミニバスが1台、この塗装はお馴染みの京成バスだ。

東京東端の区部に住まっている人なら、いつもの見慣れた日常のカラーだろう。決して垢抜けてはいないが、昔から変わらない由緒正しき下町のバスの色だ。

だが、ハテ?いつの間にこんな小さなバスが、この街の駅前に顔を出すようになったのだろうか...。

Dscn4253.jpg

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメントする