2018年4月21日

国営昭和記念公園

国営昭和記念公園へ行って来ました。サイト記事の取材のついでです(取材内容についてはまた別途 笑)。新緑が目に鮮やかで美しく、色々な花も咲いて、ちょうど今「2018 FLOWER FESTIVAL」の開催期間中でした。特にネモフィラが綺麗ですね。ひたち海浜公園が有名ですが、ここもなかなか。ただ、規模はそれ程大きくないです。ちなみに今月から全国の国営公園で入園料が値上がりしています。と言っても値上げ後で450円(旧410円)、しかも子供は無料(旧80円)となりました。しかし今日は気温が30度近くまで上昇... 暑かったぁ~

Dscn4598.jpg

Dscn4603.jpg

Dscn4601.jpg


2018年4月15日

線路萌え 11

線路萌え Album-11 を公開します。3年ほど前の夏に訪れた弥彦線。その線路にも惹かれますが、ここの特徴はシンプルを極めた架線です。ちなみにこの場所は燕三条駅、上部を上越新幹線が直交している乗換駅でありながら、この長閑な風景は魅力です。

>> 線路萌え Album-11 <<

DSCN1648.JPG

筍の里

先日実家の家族と行って来た、房総の山奥にひっそりとある炉端焼き店「童子」。いや、手掘りのトンネルを抜けて行く森の奥にあるそこは、「店」というより桃源郷の「庵」と表現した方がピッタリな佇まいでした。実は去年、里山トロッコに乗りに行った際に筍料理を食べたいと思っていたのですが、既に時期が遅くて達成出来なかったので、そのリベンジも兼ねてです。

料理はもちろんこの季節限定のタケノコづくしのコース。お通しの筍塩漬けから始まり、炉端焼きの海鮮も挟みつつ筍刺身、筍天ぷら、筍煮物と続き、最後は筍炊き込みご飯、筍みそ汁で締めるという、春の野の味を充分に満喫したひとときでした。

Img_3428.jpg
Img_3430.jpg Img_3434.jpg Img_3435.jpg Img_3437.jpg

2018年4月12日

地方私鉄 1960年代の回想

Img_3444.jpg

8年ほど前にこのブログでも紹介したサイト、katsuさんの「地方私鉄 1960年代の回想」がそのまま書籍になりました。サイトの方もその後ちょくちょくお邪魔しては貴重な写真の数々を拝見しておりましたが、こうして本になったものを手にすると、改めてその生き生きとした風景達が時代を語りかけてくれますね。

今のデジタルの世と違い限りあるフィルムを惜しまず、各地を巡ってこのような写真を撮られた katsuさんには、本当に感謝しかありません。この本、名取紀之さんが代表を務める OFFICE NATORIの発行、鉄ピクでお馴染みの電気車研究会の発売という奇跡のコラボレーションでもあります。