2019年4月27日 15:32

筑波鉄道跡

つくばりんりんロードの走行記録は「雨引の春」として Bike Pageに載せましたが、収めきれなかった写真を Rail Pageの方にまとめました。

>> 筑波鉄道跡 <<

Dscn6491.jpg
写真は常陸小田駅跡。鎌倉時代より小田氏が居城として築いた広大な小田城の曲輪内に位置しています。

トラックバックURL

このエントリーのトラックバックURL:

コメント(2)

筑波鉄道ってこんなに桜が綺麗だったのか! に驚きました。
現役時代の駅は桜はそれほどではなかった気がしますが今見事に育ったのかも知れません。
残された廃線跡のホームに満開の桜が実に見事ですね。
廃線跡を愛している地元の方の熱意が伝わってきます。
1987年の春に筑波鉄道が消えてから あ~もう32年にもなるんですね。
私の思い出が詰まった天引観音駅跡に来年の桜シーズンに訪問しようと思います。

katsuさん、コメントありがとうございます。

桜は、廃止後に整備されたものも多いかと思いますが、ホーム上の物など、現役当時の樹がその後に育ったのもある様です。
どちらも地域の人たちに大切にされているのが、とても嬉しいですね。

コメントする